業者ごとのストレスチェックの違いについて

  • 業者ごとのストレスチェックの違いについて

    • ストレスチェック制度が義務化されてから、多くの業者が業務の1部または全部をアウトソーシングすることができると言うことを売りに活動するようになりました。


      これらの強者のほとんどは実際のところストレスチェックとしては標準的な内容のものを提供しているに過ぎません。


      言い換えればどこでサービスを受けたとしてもその中身については全く同じものであると言うことになります。一方ストレスチェックを実施した後の医師の面談については、医師の個性が反映される分が大きいと言えるでしょう。



      原則的には産業医が実施すべき内容のものです。
      この医師の面談は治療ではありませんので産業医の立場から職場にどのような配慮が必要であるのかについて意見を述べるべきなのです。
      外部の医師であればメンタルヘルス疾患への理解はあったとしても、職場の事情を鑑みて判断をすると言うことには限界があると言えます。

      そのためストレスチェックをアウトソーシングする目的としては、社内で実施するのが難しい場合に少ない労力で義務を果たすためと考えておいた方が良いでしょう。


      本当の意味で会社に役立つ活動にしたいのであれば十分な手間暇をかけて対応する方法を検討しなくてはなりません。



      そのような対応ができるようになるまでにはまだ少し時間があるであろうというのが一般的な見解となっています。



      大企業であっても、そのような目的に向けて努力をしている最中だと言うのが現実なのです。

  • ストレスチェックの常識

    • 2015年12月より、従業員数が50人以上の事業所に対しては、ストレスチェックが義務化されました。これは従業員に対してストレスチェックを受けさせることの他に、結果によっては医師から指示を受けそれを実現させること、また本人の同意を得た上で結果を5年間、保存することなども含まれています。...

  • ストレスチェックの専門知識

    • 中小企業にとってストレスチェックは面倒な義務であるというのが正直なところであると言うケースが少なくありません。社内に専門のスタッフも知識もノウハウもないと言うのが当たり前のことであり、それをそろえるための余裕もない環境の中では重荷になることが少なくありません。...

  • ストレスチェックの注目情報

    • 昔から仕事上のストレスで体調を崩すという話はよく耳にしますが、近年は、特に、人手不足の要因から、過労によるストレスが問題になっています。自分の処理能力を大きく超える仕事量を抱え、誰にも頼ることができず過労で倒れるケースが増えているのです。...

  • ストレスチェックの大人の常識

    • 企業が行っているストレスチェックには、さまざまな問題があると言われています。回答票は医師などが行い、本人の承諾なしでは企業側に通知をすることは出来ないと定められています。...

top